プロフィール
hamacafe
  • 作者:hamacafe
  • 横浜で働く現役の
    不動産営業マンです!
    横浜の街に惚れて、
    この街に住もう!そして・・・
    この街で働こう!と決心。
    横浜の為なら、住民税も
    気持ちよく払えますな(笑)
  • RSS
  • 管理者ページ
DTIブログ!

ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

にほんブログ村 住まいブログ 賃貸住宅・賃貸物件へ

Search

貸金業法が改正されます。

2010年6月18日に、段階的に導入されてきた改正貸金業法が完全施行されます。

なぜ貸金業法のことをこのブログに書くかというと・・・
実は不動産業界にも影響してくるからです。

不動産業界に引っかかってくる貸金業法改正の項目としては、
【行為規制の強化】です。

その中身は、
『夜間に加えて日中の執拗な取立行為など、取立規制を強化』
というもの。

現在の不動産業界(特に賃貸)は家賃保証を設定しているところがほとんどです。

家賃保証とは、万が一入居者様(借主)が家賃を滞納してしまった場合でも、保証会社が借主に代わって、大家さん(貸主)に家賃を支払うというもの。
この不景気、貸主にとって一番怖いものは、やはり家賃滞納なのです。

借主が家賃保証に加入すると、貸主は滞納に対するリスクが無くなります。
そのかわり、保証会社が貸主に代わって借主に家賃の催促をする訳なのですが・・・
そこで引っかかってくるのが、今回の【行為規制の強化】というわけです。

今後【行為規制の強化】で保証会社は安易に取り立てができなくなります。
つまりどういうことかというと『入居審査がより厳正化される』ということです。

今以上に審査が厳しくなると、低所得者の方がどんどん不利になっていきます。
いつになったらこの景気は回復するんでしょうか?ホントに・・・。

1つアドバイスです。
本気でその物件に住みたいと思ったら、不動産会社の担当を味方につけましょう。
味方につけるには、真摯な態度で交渉に臨むことが必要です。
(上から目線のような話し方でスミマセン・・・)
保証会社や貸主に対して、有利な話をしてくれるかもしれませんよ。


【今日のCM!】


この時期、1部屋タイプの物件が空いていきます。
なぜかというと6月は結婚シーズン!
そんな幸せな人達が2部屋タイプの物件に移り住むわけです。

1人暮らしを考えている方!今がチャンスです♪
きっと掘り出し物件が見つかると思いますよ!

------------------------------------------------------------◆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

賃貸住宅は日々進化しています♪

今回は久々に不動産ブログらしいことを書こうと思います(笑)。

不動産の仕事をしていると、仕事を通して色々なお部屋を見ることができます。
最近思うことは、賃貸住宅の設備やデザインなどの進化するスピードが速いということ。
まさに家電と同じです(笑)。

例えば、ひと昔前までは玄関を開けたらすぐにダイニングという間取りばかりでした。
こんな間取りです。↓↓


廊下が無いと、玄関からお部屋が丸見えになってしまいます。
生活導線としても、廊下があった方が使いやすいのです。

この年代(90年代前半まで)の物件は脱衣場がない場合も多いです。
洗面台が浴室の中にあったり、洗濯機置き場がベランダにあったり・・・
その点、この物件は水回りがまとまっているだけマシと言えます。

その他の良い点としては、和室と洋室が収納で仕切られているという点。
隣のお部屋同士の音は収納の空間の分だけ遮ることができます。

そして冷蔵庫を置くスペースが確保されていること。
お風呂とトイレが別。南向き。
バルコニーがある。(バルコニーがもう少し広ければ◎)
浴室に小窓がある。(小窓があるかないかだけで、カビの発生率が違います!)
などなど。

ちなみに、もう少し年代を新しくすると・・・



90年代後半になると廊下が出てきます。これがあるかないかでは大きな違いです。
冬場の玄関からの冷気も廊下でシャットアウトできますしね。

友人が『ごめんっ!トイレ貸して!』とお部屋に上がり込む為の王道を試みたとしても、廊下にトイレがあることで、お部屋に通すことなくトイレを貸せるわけです(笑)
脱衣場も綺麗にまとまっているのでGOODです!

もう少し築年数が新しくなると、廊下から各部屋へ行ける間取りになります。
この物件の場合は6帖の部屋までDK『ダイニングキッチン』を通らないといけません。
1人で暮らす分には問題ないかと思いますが、やはり少し不便なのです。

参考に、最近のワンルームタイプのお部屋の写真を撮ってきました。



白を基調とした明るい部屋です。
この日は雨だったのですが、それでも明るく感じます。
各照明を反射させやすい床材を使っていることも明るく感じる理由です。

床は大理石をイメージした最近流行りのものです。
木目調のものより高級感を感じませんか?(正直なところ賛否両論ですが・・・)
もう昔のアパートというイメージはありません。



キッチンもシンプルです。
本格的に料理をする方にとっては物足りなく感じるかもしれませんが。
1人暮らし用としてのキッチンであれば、十分機能的といえます。
この無機質感がお部屋とマッチしていますね!



広い洗面台!女性にも男性にもウケがいいのは言うまでもありません。
大きい鏡があれば、忙しい朝も快適にお化粧ができます♪
もう少し収納があればパーフェクト。



流行りの一坪バス!
この広さは分譲でも多く採用されているサイズです。
このサイズを賃貸でも味わうことができる時代が来たんですね・・・(涙)
一度この浴室の広さを味わうと、他に引っ越せなくなります(笑)

いい部屋って、きっと毎日を楽しくしてくれます。
日々進化する賃貸住宅で、自分らしくいられるお部屋を見つけてくださいね!

------------------------------------------------------------◆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

引越しのシーズンがやってきた!

2月〜3月は不動産屋さんが一番張り切る季節。
新入生や新社会人、転勤族さんが一斉にお部屋を探しに来られます。
この時期、予約をしていないと物件のご案内ができないこともあるので注意!

今回は久々に【賃貸不動産知識】のカテゴリを更新!
繁忙期ということで、お部屋探しの注意点をお教えします。
ちゃんと覚えて帰るように!テストに出しますよ(笑)

まずは、以前の記事にも載せてある注意点をおさらいです。
http://zb1785.dtiblog.com/blog-entry-16.html

■オートロックがあるか
■エレベーターがあるか
■追焚きが可能かどうか【見落としやすい!】
■お湯が出る箇所(3点給湯であればBEST!お風呂・洗面・キッチン)
■コンセントの数や位置
■収納が充実しているか
■エアコンが付いているか(他の部屋にも付けられるかどうか)
■地デジ対応か
■光ファイバーが導入されているか
■携帯電話の電波が入るかどうか【見落としやすい!】
■隣の部屋(号室)と壁を共有する部分はどこか

今回は上記に加えて、更に掘り下げていきたいと思います。

■トイレスペースにコンセントがあるか
⇒コンセントが無いと、ウォシュレットの取り付けができません!

■冷蔵庫のスペース、食器棚のスペースは確保されているか
⇒冷蔵庫用のコンセントがあるかどうかも一緒に確認!

■コンロはキッチンの右側にあるか左側にあるか
⇒右手で鍋を持つ人は、コンロが左側にあると使いにくいようです。

■電話線が開通しているかどうか
⇒開通していないと、固定電話を設置する際に開通費用が発生します!

■駐車場の位置はどこか
⇒部屋が良くても、車の出し入れが大変な駐車場だと疲れますよね・・・。

■ゴミ置き場はどこか
⇒遠いところにゴミ置き場がある場合、雨の日が大変です!

■駅、またはバス停からの道のり
⇒暗い道がないかどうかなどを実際に歩いて確認しましょう!

■プロパンガスか都市ガスか
⇒プロパンガスは都市ガスよりも料金が高いとされています。(約1.5倍!?)

■募集図面に記載されている物件までの所要時間
80Mで1分の計算です。実際に歩いて時間を計ってみましょう!


以上、みなさんのお役に立てれば幸いです。
細かいことを言うとまだまだありますが・・・キリがないのでこの辺で(笑)

前回でもお伝えしましたが【携帯電話の電波状況】にはくれぐれもご注意を。
住み始めてから携帯電話が使えないことに気づいたのでは遅すぎるので!
可能であれば、ワンセグの電波状況もチェックしましょう。

どうか皆さんがよいお部屋に出会えますように!


【今日のCM!】


この季節、皆さんの街で引越しの光景を目にすることがあると思います。
そんな時、ぜひその人達に挨拶をしてあげてください。
それだけで、その人が持つその街のイメージは良くなるはずです。

新しい街でのスタートを気持ちのいいものにしてあげられるのは、その街の先輩である皆さん1人1人なんです。
・・・という訳で、どうぞ宜しくお願いしますね!

------------------------------------------------------------◆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

幸せな季節到来!

1月から3月頃までは、急な人事異動で仕方がなくお引越しをされる方が多いせいか、険しい表情の人が多い気がします。

しかし、この6月から7月にかけては、満面の笑みのカップルがお部屋探しに来る幸せな季節!こちらも自然と満面の笑みになってしまいます(笑)。
そう!この季節のお引越しの理由の第1位は『結婚』!

ちなみに新婚さんで一番人気のある間取りはズバリ『1LDK』!!
1LDKとは1部屋+リビングという間取り。
参考として間取り図を載せてみました。

【1LDK間取図】



1LDKは二人暮らしにとって、無駄のない間取りなのです。
2LDKの場合だと賃料が高くなったり、部屋を余らせてしまうこともしばしば。

この間取図のお部屋のおすすめポイントとして、まずはカウンターキッチンがあること!
将来的にお子さんが産まれても、リビングで遊んでいるお子さんから目を離すことなくお料理が作れるので安心!

また、廊下を挟んでリビングと部屋が分かれているので、7帖の部屋を寝室にしても、客人には見られないで済むという機能的な構造となっています。

WIC【ウォークインクローゼット】もあるので、収納も十分です!

実は、このおすすめポイントは、お客様のお部屋を探しているときに、数秒で頭の中を駆け巡る考えだったりします。

お客様の今後の生活をイメージしながら物件図面をあさっていると、幸せな気持ちになってきます。心から満足して住んでほしいと思う物件を探している時は、こちらとしても楽しいのです(笑)

実際にご来店されたカップルは、上記の1LDKをお申し込みになりました!
一番気に入って頂けた点は、バルコニーが広いこと。
南向きということもあり、リビングにたくさんの太陽の光が入ってくるという点が決め手とのことでした。嬉しいですな♪

お申し込み用紙には、一緒に住む方の続柄を記入する箇所があるのですが・・・二人は少し照れながら『婚約者』と記入をされました。なんて微笑ましい光景!

この季節、何とも言えない幸せな気持ちをたくさんのお客様から頂きます。
この仕事をする上での活力、燃料としてありがたく幸せパワーを吸引しております!(笑)

皆さん!ご結婚おめでとう!
どうぞ幸せな家庭を築いてくださいね!!


【今日のCM!】


お客様の人生の一コマに、ほんの少しでも登場できる機会がある!
そんな仕事ができていることに誇りを感じております。
やはり、自分のやりたい仕事に就けているということは幸せなんだな!

------------------------------------------------------------◆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

賃貸物件を申し込む時の審査とは?

久し振りに【賃貸不動産知識】のカテゴリを更新します。
お役に立てているかどうかは分かりませんが・・・(汗)

今回はこの繁忙期にかなりの質問があった、お部屋を借りる時の『審査』について書こうと思います。

審査を行うのは貸主(大家さん)です。
貸主が審査のNGを出してしまうと、不動産屋としても審査を通すことができません。
貸主の大切な物件をお預かりしている訳ですから、当然と言えば当然なのですが・・・。

上記のことから、審査は信用情報機関を通す訳ではありません。
債務整理をした人や自己破産をした人など、ブラックの人でも審査は通ります。
※信用情報機関を通して審査をする不動産屋もあります。(一部の連帯保証人不要システムなど)詳しくは過去のブログに載せてあります↓
http://zb1785.dtiblog.com/blog-entry-28.html

では、まずは何を審査するのか?ということですが、簡単に言うと・・・

『支払う家賃に対して、収入と見合っているかどうか』

を審査しています。

ちなみに収入の目安としては『家賃の三倍の月収入』です。

では、金銭的な審査以外にはどんな審査をするのかというと・・・

実は『お客様の人柄や態度』なのです。

実際に物件に住んでから、禁止事項を守れなさそうな人や、近所とトラブルを起こしかねない様な人は、貸主に審査を通す前に不動産屋側で通さないことがあります。

ということで、あまりに横柄な態度はなるべく避けた方が無難です。
実は不動産屋はそういう部分をよく見ているんです(笑)

そして最後に、無職(無収入)の人はどうするのか?

すでに内定をもらって、これから就業をする人であれば、内定通知書の写しを提出することによって審査はほぼ問題ないと思われます。
例としては、現在学生の方ですでに内定をもらっている人などです。

さて問題は、これから就職活動などをする人です。
この場合、保証会社の利用が条件となることが多いです。
(保証会社を利用の場合、契約時に保証金が必要です)

当然ですが、保証会社にも審査はあります。
これも信用情報機関を通す訳ではないので、ブラックの方でも大丈夫です。

例えば、リクルートの保証会社を利用の場合、無収入の方の審査を行なうにあたって、銀行口座の残高の写しを提出することになります。(例外もあります。)
その銀行口座の残高が一時的にでも、お申し込み物件の家賃の4〜5ヶ月分あることが、審査通過(承認)の条件となります。(あくまでも目安です。)

注意事項として、保証会社の利用ができない物件もあります。
これは貸主が保証会社の利用を認めていないためです。
保証会社の利用を希望されている方は、事前に確認をしておくことをおすすめします。


以上、長々と書いてしまいました・・・。
皆さんがこの『審査』という言葉に対して、少しでも抵抗が無くなれば幸いです。

久しぶりに、こんなに長い文章を書きました!
なんかスッキリですな〜(笑)


【今日の1曲!】

この曲を心の中の応援歌にしている人も多いのではないでしょうか?
私自身もこの曲を聴いて何度もピンチを乗り越えてきました。
もう何度助けられたか分かりません(笑)

ゴールデンウィークが終わり、本格的に新生活を始動させた皆さん!
この曲を聴いて元気にいきまっしょいっ!!

------------------------------------------------------------◆
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
« | 2017/11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お部屋探し